50代での引退を目指すブログ

働きたくないから、頑張って働いてさっさと引退しよう!

国民年金

引退後の収入で真っ先に思いつくものといえば年金。あまり期待してはいませんが、いくら年金がもらえるのかは引退時期の決定には重要です。要は、引退前に貯めたお金が減る速度が変わってくるのです。

ということで、今回からは年金の勉強と、受給額の見積もりをしてみます。

 

私は会社勤めのサラリーマンなので、国民年金、厚生年金、厚生年金基金企業年金)の3階構造です。今回は、国民年金について勉強してみます。

 

国民年金は20歳から60歳まで保険料を納付し、65歳から年金を受給できる制度です。日本国民なら20歳時点で、誰でも加入します(その義務がある)。また、厚生年金と違って、給料に連動して保険料や受給額が変動することはありません。大雑把に言うと、サラリーマンなら誰でも同じ額の保険料になりますし、納付した期間が同じなら受給する額も同じです。

なお受給するお金のことを、老齢基礎年金と呼びます。

 

大雑把に以下の式で、年間の老齢基礎年金を計算できます。

   老齢基礎年金(年間)= 加入年数 × 2万円

 ここでの加入年数とは、国民年金に加入していた期間と厚生年金に加入していた期間の合計です。20歳~60歳まで保険料を納付したとすると、年間80万円程度の額になります。

ただし、今後の物価変動や、年金制度の行方次第で変わるでしょうから、あくまでも現時点での目安です。

 

で、実際のところ、大学生の頃の国民年金は納めていたっけな?じつは親任せだったので、納めていたのか免除申請したのか記憶がありません。

 

ねんきん定期便」で納付期間が分かるので探してみたところ、数年前の「ねんきん定期便」が見つかりました。

f:id:retirement50:20160706201900j:plain

 

国民年金の第1号被保険者期間を確認すると、20歳になってから働き始めるまでの期間も納付していたようです。ありがとう!おとーさーん!

 

このまま60歳まで納め続ければ、65歳からは年間約80万円の老齢基礎年金がもらえることになります。

 

今回は、ここまででいったん終了。次回は、厚生年金についてです。

 

 

 

引退前にどのくらいお金を貯められる?2 ~資産運用~

前回は将来の給与予測から、どのくらいお金を貯められるか検討してみました。しかし、銀行の利息すら考慮に入れてません。利息で増える分など無視しても全く問題ない程度でしょうけど…

 

でもね、稼いだお金は運用して増やすことだって出来ますよね!ということで、何らかの運用で増やした場合に貯められる額をシミュレートしてみました。万が一の時に備えて、全額は運用しません。2~3年分くらいの生活費は普通預金か、それに近い換金性と元本保証のある資産にしておいて、残りを運用してみます。では、複数の年利シナリオでのグラフを見てみましょう。

f:id:retirement50:20160706202449p:plain

実際の運用では、毎年一定率で増えるような運用方法は、なかなかありません。ですので長期間で平均したら年利〇%相当、といった程度の意味です。

 

ここでは年利6%のシナリオも計算してみましたが、年利6%で20年間も運用できる自信は、まったくありません!

参考までに、各利率での2031年(55歳)時点の資産予想を掲載します。

  • 年利0%:7,841万円
  • 年利1%:8,556万円
  • 年利2%:9,363万円
  • 年利4%:1億1,295万円
  • 年利6%:1億3,851万円

うむ!引退後に、いくら必要なのか分からなければ、どの利率を目指すのかわからんな!

 

とういうことで、次回は 引退後に必要な生活費を大雑把に見積もってみよう!

 

 

 

引退前にどのくらいお金を貯められる?

一昨年(2014年)と昨年(2015年)に、一年間で貯金できた額を調べてみました。なお、2013年に転職して生活環境や残業時間が大きく変わり、それ以前の実績は参考にならないです。

  2014年:244万円

  2015年:257万円

どうやら、現時点では1年あたり250万円の貯金が出来そうです。

 

さらに、将来どのくらいの貯金が出来そうか調査をしてみました。現在の勤め先の給与体系・賃金規定に対して、以下の条件で算出しています。

  • 現在は1年間で250万円貯蓄できる
  • 年収の増分の半分は貯蓄に回す
  • 会社の業績は現在と同程度
  • 給与体系・賃金規定は変化しない
  • 一ヵ月の残業時間はかなり少なめに見積もる(現時点と同程度)
  • 解雇されない程度に低い人事評価
  • 生活費は現在と変わらない

 年功序列色の強い給与体系なので、予測しやすかった。年功序列万歳!

結果は以下のグラフの通り。本当かと疑いたくなる額になったが、何度か再計算しても同じ結果なので、正しいのでしょう。

f:id:retirement50:20160630214720p:plain

50歳(2026年)で6061万円、2036年(60歳)で9696万円の資産があるとの予測。でも、これはあくまで資産を普通預金に預けた場合のグラフ。資産運用すれば、もう少し上乗せも期待できそうです。

 

次回は、このグラフをベースに資産運用した場合の、資産額の予測をしてみる予定。

何から取り掛かろうか?

早期引退を目指すと言っても、じゃぁどうすれば良いの?って考えてみました。結局のところ、次の3つの事柄から自動的に決まるんじゃないかって思うわけです。

 

f:id:retirement50:20160629192818p:plain

 

じゃあ、例えば「お金はどのくらい必要なの?」ってどう決まるんだろう?どんな生活したいのか考えて、必要な費用を調べれば良いんだろうな。でも、まだ引退後の理想の生活は漠然としているから、すぐには決まらないさそうだ。いちばん大事なことだし、ゆっくり考えよう。

 

引退前にどのくらいお金を貯められる?」は簡単だろう。現在の資産と、将来の収入見込みから求められるはずだ。

 

引退後にどのくらいの収入があるの?」はちょっと後回しかな。なぜなら主には年金になるはずだから、いつまで働くか次第で結構変わりそうだから。

 

よし、まずは「引退前にどのくらいお金を貯められる?」から取り掛かろう!

50代での引退を真面目に考えるブログ

あと10年でようやく50歳。60歳を超えても働くなんて気が重いです。メンタル弱いですから。

 

55歳くらいで引退して、引きこもりたいです。

 

いろいろ考えた結果、55歳で引退することを真面目に検討して、実行していくことにしました。

 

引退してどうしたいのかは漠然としていますし、どうすれば早期引退できるのかも分かりません。

 

なので、引退後のプランを考えつつ、早期引退する方法や、いつ引退できそうなのかをちょっとずつ明らかにしていきたいと思います。