50代での引退を目指すブログ

働きたくないから、頑張って働いてさっさと引退しよう!

引退後に必要な金額は? その3 ~総額では?~

前々回、前回と引退後に必要なお金を考えてきました。今回で、引退後に必要なお金は最終回です。 今回は、結局のところ総額いくら必要なのか?です。前々回、私は引退後の生活は2フェーズあると想定しています。1つはアクティブに行動できる期間、もう1つ…

引退後に必要な金額は? その2 ~1回だけ必要なお金~

前回は1年あたりに必要なお金を考えました。当たり前ですが、「1年あたり」に必要なお金とは、毎年それだけ必要ということです。 それに対して、今回は1回だけ必要なお金を考えてみたいと思います。要は、定期的ではない大きな額の出費のことですね。たと…

引退後に必要な金額は? その1 ~1年あたりの生活費~

さて、50代での引退を目指すわけですが、いったい幾らお金がたまれば引退可能なのでしょうか? もちろん、引退後にどんな暮らしをしたいのかがハッキリしなければ、必要な金額なんか分かるはずがありません。 そこで、次の3つを考えることで、1年あたり…

企業年金連合会

前回の終わりに、企業年金連合会にあるお金を、現在の勤め先の確定給付型年金に引き継げるか調べてみることにしました。 結果、全くわかりませんでした・・・。 引き継げたところで、将来受け取ることの出来る見込み額の計算方法も分からないですので、この…

厚生年金基金

今回は、企業年金基金を勉強してみました。 厚生年金基金とは、厚生年金にさらに上乗せで設定されている年金のことです。 「厚生年金」基金と、名前に厚生年金が入っていますが、実質的には無関係です。それどころか、公的年金でなく、企業年金です。厚生年…

厚生年金 第2回

前回からかなり間を空けてしまいましたが、厚生年金の続きです。 今回は厚生年金の受給額の計算方法を勉強してみます。 前回の記事では、次の式で厚生年金の受給額が決まることを説明しました。 老齢厚生年金 = 定額部分 + 報酬比例部分A + 報酬比例部分B…

厚生年金 第1回

前回の国民年金に続き、厚生年金を勉強してみます。 厚生年金とは、サラリーマンが国民年金に上乗せして加入する年金のことです。ある意味、サラリーマンの特権です。細かい加入条件はあるようですが、基本的に従業員を厚生年金へ加入させるのは雇用側の義務…

国民年金

引退後の収入で真っ先に思いつくものといえば年金。あまり期待してはいませんが、いくら年金がもらえるのかは引退時期の決定には重要です。要は、引退前に貯めたお金が減る速度が変わってくるのです。 ということで、今回からは年金の勉強と、受給額の見積も…

引退前にどのくらいお金を貯められる?2 ~資産運用~

前回は将来の給与予測から、どのくらいお金を貯められるか検討してみました。しかし、銀行の利息すら考慮に入れてません。利息で増える分など無視しても全く問題ない程度でしょうけど… でもね、稼いだお金は運用して増やすことだって出来ますよね!というこ…

引退前にどのくらいお金を貯められる?

一昨年(2014年)と昨年(2015年)に、一年間で貯金できた額を調べてみました。なお、2013年に転職して生活環境や残業時間が大きく変わり、それ以前の実績は参考にならないです。 2014年:244万円 2015年:257万円 どうやら、現時点では1年あたり250万円の貯金が…

何から取り掛かろうか?

早期引退を目指すと言っても、じゃぁどうすれば良いの?って考えてみました。結局のところ、次の3つの事柄から自動的に決まるんじゃないかって思うわけです。 じゃあ、例えば「お金はどのくらい必要なの?」ってどう決まるんだろう?どんな生活したいのか考…

50代での引退を真面目に考えるブログ

あと10年でようやく50歳。60歳を超えても働くなんて気が重いです。メンタル弱いですから。 55歳くらいで引退して、引きこもりたいです。 いろいろ考えた結果、55歳で引退することを真面目に検討して、実行していくことにしました。 引退してどうしたいのかは…