50代での引退を目指すブログ

働きたくないから、頑張って働いてさっさと引退しよう!

引退後に必要な金額は? その3 ~総額では?~

前々回、前回と引退後に必要なお金を考えてきました。今回で、引退後に必要なお金は最終回です。

 

今回は、結局のところ総額いくら必要なのか?です。前々回、私は引退後の生活は2フェーズあると想定しています。1つはアクティブに行動できる期間、もう1つはアクティブに行動できない期間。それぞれの期間で、年間生活費を400万円、350万円と見積もりました。

 

あとは、それぞれの期間が何年あるかです。50歳で引退して、65歳までをアクティブに行動できる期間。そこから90歳までアクティブに行動できない期間として考えると、

  400万円×15年+350万円×25年=14,750万円=1億4,750万円

です。

 

そこに、前回考えた1回だけ必要になるお金1,050万円を足すと、1億5,800万円必要になります。

 

では、引退後にいくらの年金が受け取れるでしょうか? 受け取れる年金の種類は、つぎの3種類でした。

  1. 老齢基礎年金
  2. 老齢厚生年金
  3. 企業年金
老齢基礎年金

これは、65歳から年間約80万円ですので、80万円×25年=2,000万円受け取れます。

 

老齢厚生年金基金

50歳で引退=50歳まで保険料を払うということです。以前の試算では、このまま50歳まで保険料を払った場合、年間約82.6万円です。

なので、82.6万円×25年=2,065万円を受け取れます。

 

企業年金

私の場合、現時点で企業年金は3種類あります。

1つは以前勤めていた会社の企業年金が、企業年金連合会に移管されているもの。これは、以前当ブログに書いたように、65歳~80歳の間に年間26万円強が支払われるので、26万円×15年=390万円。

 

もう1つは、以前勤めていた会社の確定拠出年金です。これは、現時点で約160万円です。

 

最後は、現在勤めている会社の企業年金です。50歳で引退すると540万円ほどになる予定です。

 

よって、すべての企業年金を合わせると1,090万円ということになります。

 

年金すべて合わせると

老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金すべて合わせると、5,150万円でした。

 

以上から、引退後に必要なお金は1億5800万円で、5,150万円は年金で賄えるため、ためておく必要があるお金は1億650万円です。

 

 でも、年金ってほんとに予定通り受給できるのかなぁ・・・

次回は、そのあたり考えてみたいと思います。